ノミ・マダニ予防薬について

しばらく更新が滞っており申し訳ございません。

当院でも使用されていたかたも多いフジタ製薬のノミ・マダニ予防薬「マイフリーガードα」が発売停止となりました。
現在院内で在庫している分で終了となり、これに代わるスポットタイプのノミ・マダニ予防薬(のうち、幼虫、卵の成長を阻害する成分を含むもの)はメリアル社の「フロントラインプラス」になります。
マイフリーガードα発売停止について

屋外のノミ・マダニは3月ごろから活動がさかんになります。早期からの予防をおすすめします。
(フィラリアの予防は5月からです)

多くの種類のノミ・マダニ予防薬が発売されています。

・スポットタイプ(液体、背中などにつけて使用します)
フィラリア予防薬との作用のかねあいもありますが、現在ノミの成虫、幼虫・マダニを駆除できる予防薬はメリアル社の「フロントラインプラス」が代表的です。マダニには作用しませんが、経済的な「アドバンテージプラス」や、フィラリアの予防も同時に行える「アドバンテージハート」「レボリューション」などの選択肢もあります。
また今年度から発売の「アドボケート」は、フィラリアなどの線虫に対しても薬が「効き続ける」新しいタイプの予防薬です。
猫ちゃんには、「フロントラインプラス」「アドバンテージプラス」「レボリューション」「ブロードライン」などの、フィラリアやおなかの寄生虫にも効くタイプのスポット剤があります。

・チュアブルタイプ(おやつのような錠剤です)
飲ませるタイプのノミ・マダニ予防薬は効果が速いのが特徴です。
昨年発売された「ネクスガード」は食べさせやすく好評です。
スポットタイプの予防薬に比べ、ノミやマダニを駆除するまでの時間が短く、毛がべたつくなどの問題がありません。嫌がらず食べてくれる子にはお勧めです。

・錠剤
昨年発売された「ブラベクト錠」は、3ヶ月効き続けるノミ・マダニ予防薬です。

わんちゃん、猫ちゃんの好みや生活スタイルに応じて使い分けることができます。
詳しくは獣医師あるいはスタッフにお尋ねください。